新築の家造り

2012年7月23日

廊下を土間にして

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 9:08 PM

 私の友人の住まいは、玄関から入ると、廊下でなく、縦に長い土間を設けています。その土間の北に、40㎝ほど上げたリビングがあります。

土間には履き出し窓がついていて、全開口できるサッシが採用されています。そこから外に出ると、半円のテラスが3段になって、広がっています。

とにかく、御主人は、外に開かれたリビングが欲しかったのだそうです。リビングのソファーに座れば、その気持ちがよくわかります。友人がこの団地を選んだのは、実際に見学に行った時の印象でした。小高い山を平らに削り、造成されたので、まるで、団地自体が巨大な山城のようだったそうです。

説明を聞くと、実際に戦国時代に山城が築かれていた要害の地だったそうです。団地の一番高いところの土地を購入して、そこに立つと、市内や海を一望できます。その絶大な開放感を活かして、より広いリビングを演出したいと思ったそうです。

そこで、廊下をなくして、リビングを一番高い位置にして、土間からテラスへと少しずつ低くすることで、視覚的に広がっていく感じにしました。

土間には、セラミックタイルを張りました。織物の編み込みをモチーフにしたものなので、あまり冷たい印象もなく、タイルとは思えないくらいです。

テラスは、乱形石を張った重厚なものを採用しました。最初は、ウッドデッキをと思いましたが、メンテナンスが簡単であることと、直線でなく、曲線の仕上がりも自由自在なので。

土間には、愛犬の寝床も作り、昼間はそこを走り回っています。春には、向こうの山の桜色のリングが上がっていくのを楽しみ、夏には花火大会の特等席になります。秋には、紅葉を愛で、冬になると、星空を眺めます。この土地の開放感が充分に生かされた設計になりました。

2012年6月30日

イタリアンカントリーキッチン

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 3:25 PM

新居への引越しも終わりましたので、ブログは放置しちゃっていましたが、家づくりで役に立ちそうな話題があったので、UPすることにしました! 

私の友人は、独身時代から料理教室で講師をしていました。今までのマンション暮らしから住み替えて、住まいを新築することになったのを機に、自宅で少人数の料理サロンを開くことにしました。

料理サロンには自宅のキッチンをそのまま使うので、少し広いスペースを確保しました。キッチンは、大きめのアイランドキッチンで、面材はウォールナットで、天板は人造大理石のものをオーダーしました。床には、これも念願だったテラコッタ風のタイルを敷き詰めました。キッチン東側には、勝手口があり、そこから外に出ると、小さいながら、レンガで囲ったハーブガーデンがあります。

料理に使うタイムやオレガノやスイートバジルなどのハーブやハーブティーに使うレモンバームやカモミールやミント類などハーブが植えられていて、キッチンからすぐ採りに行くことができます。

 本場のイタリア家庭料理を習いたくて、知り合いを通じて、ホームステイしたイタリアの家のキッチンの床もテラコッタだったそうです。この家の主婦は1日中でもキッチンに居たいくらいの料理好きで、料理好きにはテラコッタの床がいいのだと自慢していました。

彼女が選んだのは、厳密にはテラコッタタイルではありません。水や汚れに強いテラコッタ調タイルです。お陰で、メンテナンスが簡単にできます。

オーダーする際に、アイランド部分のシンクとIHクッキングヒーター部分には、カバーをすることができるように工夫してもらいました。そうすることで、料理がすんだら、このアイランド部分を大きなテーブルとしても使えるようになりました。

本当にお気に入りのこのキッチンで、本場で習ったイタリアの家庭料理を紹介しながら、ハーブの話をしたり、パスタの話をしたりします。私もイタリアのママのように、1日中、キッチンに立っていても、飽きないし、疲れません。次のサロンのメニューは、生ハムとバジルのピッツアとりんごのデザートピッツアです。

2011年4月26日

やはり私達にも影響が・・・

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , , — admin @ 6:05 PM

家を建てる時に「まさかこんなことが起きるなんて・・・。」というのが3月に起きた東日本大震災でした。
東日本から遠く離れた大分県ですが、地震が起きてからというもの新築を依頼している住宅メーカーの営業さんや現場監督さんから
「この震災の影響で建材が全国的に不足しているので完成・引き渡しが遅れる可能性が強いです。」と言うことは聞かされていました。
この事は私達だけではなく今新築を建てている人が直面している問題ですし、津波の被害で住宅を失った人たちの境遇と比べたらはるかにしあわせの中にいることは間違いないのです。
誰を恨むわけでもなくただ受け止めるしかないと。
しかし、先日営業さんから聞かされたのは「使うことを決めていた建材や住宅設備機器がメーカーの生産の具合で今後入ってくる見通しがないので代替え品に変更するしかない。」と言うことでした。
一番ショックだったのは色々と悩んだ挙句に決めたキッチンも変更しなければいけないことでした。
そのキッチンを生産していた工場がやはり東北にあってもう生産はされないだろうとのこと。主婦にとってキッチンって一番重要なのに・・・と落ち込みながらも代替え品は選ばなければいけないと。
その選択肢の幅も数えるぐらいしかなく。
その中でもすぐにピンときたデザインと機能のキッチンがあったのが唯一の救いでした。その他の変更点もすぐに決めてしまわなければますます完成・引き渡しが伸びてしまうということなので慌ただしく色々と決めたのでした。
私の友達も北海道で時価の建て替えをしている最中なのですが、建て替えなので札幌で賃貸アパートを借りて一時的な仮住まい生活をしています。
工期の延長で引き渡し時期がずれると賃貸の支払いも延びることになるので停滞出費になるようです。
多分同じような思いをしている人がたくさんいると思います。でも、家が建てられるだけ幸せ!そう思うようにします。
みなさんもご一緒に前向きに、前向きに。

2011年3月18日

建材の確保

カテゴリー: 家造り — タグ: , , — admin @ 7:03 PM

11日に起きた東日本での大地震とその影響での福島原発での事故は、テレビのニュースやインターネットを通じてその現状や映像を見ることしかできませんが、
募金やそのうち正確に届くであろう援助物資などで復興を支援していくことぐらいはしたいと思います。
また買い物に行っても購入制限などがかかっていたり、売り切れで次の入荷も分からないという商品も既にあるのですが被災していない人間としてはこれぐらいの辛抱はしないと思うのでした。
先日買い物にあるホームセンターに行った際に見た光景ですが、店頭にある木材などの資材売り場にトラックがべた付けしてあって、
店員さんが一生懸命合板の積み込みをしていました。私は電池を買いに来てたのですが既に単一電池は売り切れだと。
どこも同じだろうなぁと思いつつ少し離れた所にあるもう一件のホームセンターに行ってみたんですがやはり単一電池はなく、
帰ろうとしていたらさっきホームセンターで見たトラックがこっちの店までやってきてて、
レジで「○○建設ですけど、さっき電話で予約してた針葉樹合板を取りに来ました。」と言っている姿を見ました。
60枚から70枚近くの合板を載せて帰って行ってたのですが、
後で聞いた話によると建材関係が全て被災地に向けられるので頭の回転の速い住宅会社や工務店は商品の在庫を抑え、建材の確保に走っているとのこと。
住宅を建てるのに構造用の合板は約100枚近く必要らしく、ないと家が建てられないということらしい。
営業さんから多分うちの家づくりは大丈夫と言われてはいるんだけど、どうなることやら。
工務店が集客していくのも難しくなっていくのかもしれない。
工期が延びても家が建てられるだけでも幸せと思わないと被災地の方に申し訳ない。
とにかく私たち家族は前向きにいきますよ!

Powered by WordPress