新築の家造り

2012年7月23日

廊下を土間にして

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 9:08 PM

 私の友人の住まいは、玄関から入ると、廊下でなく、縦に長い土間を設けています。その土間の北に、40㎝ほど上げたリビングがあります。

土間には履き出し窓がついていて、全開口できるサッシが採用されています。そこから外に出ると、半円のテラスが3段になって、広がっています。

とにかく、御主人は、外に開かれたリビングが欲しかったのだそうです。リビングのソファーに座れば、その気持ちがよくわかります。友人がこの団地を選んだのは、実際に見学に行った時の印象でした。小高い山を平らに削り、造成されたので、まるで、団地自体が巨大な山城のようだったそうです。

説明を聞くと、実際に戦国時代に山城が築かれていた要害の地だったそうです。団地の一番高いところの土地を購入して、そこに立つと、市内や海を一望できます。その絶大な開放感を活かして、より広いリビングを演出したいと思ったそうです。

そこで、廊下をなくして、リビングを一番高い位置にして、土間からテラスへと少しずつ低くすることで、視覚的に広がっていく感じにしました。

土間には、セラミックタイルを張りました。織物の編み込みをモチーフにしたものなので、あまり冷たい印象もなく、タイルとは思えないくらいです。

テラスは、乱形石を張った重厚なものを採用しました。最初は、ウッドデッキをと思いましたが、メンテナンスが簡単であることと、直線でなく、曲線の仕上がりも自由自在なので。

土間には、愛犬の寝床も作り、昼間はそこを走り回っています。春には、向こうの山の桜色のリングが上がっていくのを楽しみ、夏には花火大会の特等席になります。秋には、紅葉を愛で、冬になると、星空を眺めます。この土地の開放感が充分に生かされた設計になりました。

2011年4月26日

やはり私達にも影響が・・・

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , , — admin @ 6:05 PM

家を建てる時に「まさかこんなことが起きるなんて・・・。」というのが3月に起きた東日本大震災でした。
東日本から遠く離れた大分県ですが、地震が起きてからというもの新築を依頼している住宅メーカーの営業さんや現場監督さんから
「この震災の影響で建材が全国的に不足しているので完成・引き渡しが遅れる可能性が強いです。」と言うことは聞かされていました。
この事は私達だけではなく今新築を建てている人が直面している問題ですし、津波の被害で住宅を失った人たちの境遇と比べたらはるかにしあわせの中にいることは間違いないのです。
誰を恨むわけでもなくただ受け止めるしかないと。
しかし、先日営業さんから聞かされたのは「使うことを決めていた建材や住宅設備機器がメーカーの生産の具合で今後入ってくる見通しがないので代替え品に変更するしかない。」と言うことでした。
一番ショックだったのは色々と悩んだ挙句に決めたキッチンも変更しなければいけないことでした。
そのキッチンを生産していた工場がやはり東北にあってもう生産はされないだろうとのこと。主婦にとってキッチンって一番重要なのに・・・と落ち込みながらも代替え品は選ばなければいけないと。
その選択肢の幅も数えるぐらいしかなく。
その中でもすぐにピンときたデザインと機能のキッチンがあったのが唯一の救いでした。その他の変更点もすぐに決めてしまわなければますます完成・引き渡しが伸びてしまうということなので慌ただしく色々と決めたのでした。
私の友達も北海道で時価の建て替えをしている最中なのですが、建て替えなので札幌で賃貸アパートを借りて一時的な仮住まい生活をしています。
工期の延長で引き渡し時期がずれると賃貸の支払いも延びることになるので停滞出費になるようです。
多分同じような思いをしている人がたくさんいると思います。でも、家が建てられるだけ幸せ!そう思うようにします。
みなさんもご一緒に前向きに、前向きに。

2011年3月29日

幸せを幸せと感じること

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 4:08 PM

震災が発生してから気が付けば17日が経過したわけですが、まだまだ余震や福島原発の事故など心配な種は尽きない状況ですね。
私達はテレビでしか被災地の現状を知ることはできないんですけど、ただただ復興を願うのみです。
先日見たニュースでは自衛隊が簡易のお風呂を設置して、被災して避難生活をしている人達がお風呂に入っている光景でした。
男性の老人が「久しぶりの風呂に入れてさっぱりした。幸せです。」
とインタビューに対して答えていました。
私達は常日頃、「家に帰って、御飯を食べて、風呂に入り、温かい布団で寝れる。」と言うことを当たり前のことだと思っていますが、改めて幸せな事なんだということ認識させられました。
東京の品川区に戸建ての住宅を建てた大学時代の友人が停電で家の中の生活も外に出た時の移動手段も使えなくなって、不自由になってから改めてそのありがたみに気付いたと言っていました。、
当たり前のことこそ幸せであって、その幸せは目の前からなくならなければ、幸せだったと気付けないということでしょうか。
今回の地震で本当に色々な事を考えさせられる毎日です。
やっぱりうちの家づくりに関しても建材不足の影響が襲って来ているらしく、現場が止まりそうなだと営業担当と現場の監督さんから連絡をもらいました。
でもこれも仕方がない。全国的なものだから。また被災地復興のためだから。
ただ色々な所で住宅に関わる話をあちらこちらで聞くと建材や資材の価格が上がるとか、不動産の価値が下がるとか色々な事を聞きます。

インターネットなどの建材アウトレットショップにも在庫が残っていないものもあるようです。
情報の真偽だけはしっかりさせないと噂に踊らされてしまうのでこれから家造りを考える人達も気をつけてほしい所です。

2011年1月12日

旦那の実家でのお正月。

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , — admin @ 3:02 PM

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
年末年始は旦那の実家でゆっくりと過ごさせていただきました。
旦那の実家はお義父さんの自慢の注文住宅で建てた実家で、お酒が入って酔うとお義父さんの家の自慢話が出てくるという感じでしたが(汗)
お父さんは本当にこの家が好きなんだなぁと実感することもできました。
しかし和風テイストの家でしかもおっきい。
大分の中古マンションに住んでいる親戚もこんな家に住みたいと言っていました。
年末年始は雪がちらちらと降るほど寒かったんですが、家が大きいと暖房効率がよくないというか、みんなが集まっている居間からトイレに行こうと廊下に出るとこれが相当寒い!
またお風呂も非常にゆったり広々としているんですがタイル張りなだけあってやっぱり寒い!湯船からあがるのがおっくうでした。
今は賃貸アパートで当然ユニットバスですが、注文住宅で建てる新築の住宅もやはりユニット式。
最近のお風呂場の仕様はひやっとしない材質の床だったリ、脱衣所とお風呂場に段差がない構造だったリと色々な面で住環境、仕様環境また使われる建材を考えられているんだなぁとこれもしみじみ考えさせられました。
お義父さんが建てた自慢の注文住宅の家、今思うとリフォームやリノベーションを考えてみても良かったのかなぁなんて思うんですが
(今更それはないだろうって突っ込みが入りそうですね。)
やはり『台所に女性が二人立つのは良くない』ってよくいうのでこれはこれで良かったのかと。
これから始まる新築住宅造り、今年一年楽しみです!

2010年12月23日

スローダウン

カテゴリー: ハウスメーカー, 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 10:06 PM

先日、家造りを依頼している大分の工務店の営業さんから電話があって「お伝えしたい事があるから打ち合わせの時間を取ってほしい。」と言われました。
珍しくシビアな声だったのですっごい嫌な予感がしました。
お義父さんとお義母さんのマンションの話を乗り越え、
住宅ローンの減額という荒波も乗り越え、
難航した土地探しもようやく見つけてここまで来たのに
また何の試練が私達を待ち構えているのだろうかと。

で、打ち合わせのために旦那の休みの今日、工務店を訪れたのですがお話はこうでした。
現在、住宅エコポイントの駆け込み需要で断熱材に必要なグラスウールが不足していると。
特に私達が建てようとしている長期優良住宅では使用量が多いため建設に困っていると。
どうやらこの状況は2カ月先ぐらいまで続くそうで私達の家造りにもかなり影響を及ぼすとのことでした。
営業さんはすっごく謝っていましたが、謝られている私達としてはそんなに謝られても・・・という感じでした。
これは社会経済的な動きなので別に住宅メーカーや営業担当さんがチョンボしたわけでもないのだから仕方のないことだと思います。
話を聞くと建設期間が延びることでかなりご立腹のお客様もいるみたいなので謝れる所は先に謝っておこうということらしいのです。
別に家が立たなくなったわけでもないし、しっかりやってくれるなら私達は良いんです。
北海道の北見で賃貸アパートから新築を建てて引っ越しを考えている友人も、これからの家づくりは大変そうだと感想を述べていました。
ということで少しばかり家造りスローダウンという話です。

2010年11月9日

土地の契約が済んで

カテゴリー: 土地, 家造り — タグ: , — admin @ 8:14 PM

家を建てようと思ってから注文住宅造りや不動産物件についてだとか色々な勉強をしていき、モデルハウスを見に行ったり、住宅メーカーに話を聞きにったりする度にマイホームを持つこと、家造りをすることって大変だなぁ~ってつくづく痛感するわけです。
佐賀で住宅を建てた友人から久しぶりに電話があった時に家を建てた時の話を聞くと相当大変だった聞いてさらに大丈夫かな~って気持ちになってしまいました。
でもここでがんばらないと永遠に家を持つことはできないと気持ちを引き締め直してきました。
家造りにプラスして土地も探していたわけですが見つけた土地が地元工務店が管理している土地でその工務店の営業担当さんと打ち合わせをしていって、この工務店だったら家造りを任せても大丈夫そうだと思えたので家も土地も任せることにしました。
住宅ローンの審査が減額になったのはかなり痛かったのですが、旦那の両親からの援助もしてもらえることになったんだけどあまり多く頼らないようにできるだけ考えて、工務店さんとの打ち合わせも何度も繰り返してきたわけです。
あーでもない、間取りを考える度に旦那と二人で頭を抱える毎日でした。
まぁ営業担当さんも同様に頭を抱えてもらったんですけどね。
ようやく予算内で収まるプランが固まりホッと一安心です。
この一安心がずーっと時間が経てば良い思い出に変わるんだろうなって思います。
今はまだ土地の契約が済んだ所で柱一つ立ってないわけなのでまた気をひきしめつつ、マイホームが建っていくのを毎日楽しみに過ごしていきたいなと思う今日この頃です。
来月には地鎮祭と着工式があるということで楽しみにしています。

2010年10月27日

繰り返す打ち合わせの日々

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 11:26 PM

今月は旦那の休みのたびに家づくりをお願いしている工務店さんに打ち合わせのために行っていました。
一日で2~3時間の打ち合わせを毎回してあーでもないこーでもないと文句ばっかり言っている私たち二人を先導する工務店の営業さんも大変だと思います。(汗)
それでも毎回色々なプランを考えてくれていてこういうのはどうかだとか、前回の意見を取り入れて間取りを改善してみましたとかかなりの提案をしてくれるので安心して家造りを任せられると感じています。
お客さんを安心させることが工務店の集客には大切だなとも感じます。
その真剣さに甘えて毎回無理難題を吹っ掛けているようなものですが。(笑)
色々と話した結果、注文住宅での家造りは長期優良住宅仕様で建てることになりました。
長期優良住宅っていうのは耐久性や耐震性、省エネ性に優れていて内が良期間住む続けることができる家・・・ということらしいです。
なによりも大きなメリットは長期優良住宅で家を建てた場合には減税措置が受けられるとのことです。
その代わり図面が多くなったり、申請に時間がかかったりというデメリットもあるみたいなんですがそこの所は自分達は気にしないので工務店さんにお任せするしかないと言うことで特に気負いもありません。
今は子供がいないけど、子供ができてそのまた子供、所謂孫ができた時にも自分達の家がしっかりとあると言うのは良いことだと思うし。
なんてことを考えるとお義父さんも私達の事を考えて今の実家を建てたんだろうなぁと少し複雑な気分にもなります。(汗)
あともう少しでプラン決めが終わりそうなのでがんばりたいと思います・・・営業さんがんばって!!

2010年9月17日

友達の家

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: — admin @ 9:08 PM

先日高校時代の親友に久しぶりに会って色々と話をしたんだけれど、いつの間にか注文住宅で家を建てていたらしく家を見せてもらうことにしました。
まだ新築してから2年ちょっとしかたっていないらしく、外観もすごくきれいでした。
家の中も外も漆喰を使用しているらしく家そのものは白い外観が際立っていました。
漆喰って変色したり、カビが生えたりしないのかなと思ったんだけど、漆喰バリアっていうそういう対策のためのコーティングが施されているらしい。
漆喰にはいくつかの特性があって自然の調湿で結露しなかったり、火に強かったり、カビやダニの発生も防止しやすくインフルエンザ対策にも効果があるとか、汚れが付きにくかったり、化学物質を吸着分解したり、お手入れも簡単だとか。
お手入れに関しては汚れが付いた所を消しゴムで消すか、カッターで削り取ったりペーパーをかけたりできるらしい。
仮に剥げてきたとしても大分のリフォーム会社に頼む必要もなく、漆喰を塗るだけで元通りらしい。
全て聞いた通りの受け売りなんですけど。(笑)
ちょっと夏は過ぎたけど外はまだ暑かったりするけど住宅の中に入るとエアコンを使っていない部屋でも気持ち快適!
さらっとした空気でした。
これが自然の調湿か?!と驚いたもんです。
その他も家造りに関しても色々と話を聞いたんだけど、やっぱり一番悩んだのが住宅ローンだったて。
マイホームを行うためには間取りとかどこか妥協すつことも必要になるからそれなりに覚悟するようにって言われました。
まーそうだろうね。
でも納得できる家造りをするっていうスタンスは崩さないようにとも。
まー、ホントこれからがんばらないとね!

2010年3月18日

分譲地とハウスメーカー

カテゴリー: 土地, 家造り, 新築 — タグ: , , — @ 8:46 PM

土地探しで未だグルグルしているマインです。
とりあえず青汁飲んでシャキッとしますか!あれから何度かダンナのうちで土地に関する家族会議をした結果、C町の分譲地辺りが有力候補になってきました。
ダンナの実家からは車で10分~15分ぐらいのところ。
あまりお義父さんとお義母さんの意見もぞんざいにはできないんで、
まぁこの辺で手を打っときますか、嫁としては。
あとはその分譲地の売り土地情報をしっかりと手に入れてすすめていこうかしら。ということで今度はどこのハウスメーカーに家を建てるのを頼むかです。
C分譲地内で土地の分譲もしているハウスメーカーもあるみたい。
そういう場合は土地の価格も少しは引いてくれるっていう話だけどどんなもんなんだろうか?
初めは大手のハウスメーカーに頼んだ方が品質なんかも心配はないんだろうけど、価格がちょっとねぇ。
なんか安く上げようと思ったら賃貸仕様とかでも建てられるらしいんだけどせっかくの新築だから…。大手ハウスメーカーでお家を建てられた人の話を聞くと初めは予算内で建てられそうな話だったけどいろいろとプランを詰めていって気がつくと予算を超える金額になってしまったと。
その方は予算はあくまで予算でオーバーしてもローンを組むのは大丈夫で、家に関しても満足してるってことだけど、うちの場合は予算の額でいっぱいいっぱいになるだろうからねー・・・。
C分譲地内で土地の分譲をしている地元の工務店で安くで満足のうちが建てられるのならそれでいいんですけど。
とりあえずその地元工務店のモデルハウスを見にいって品定めさせてもらいましょうか。

2010年2月11日

土地の価値

カテゴリー: 土地, 家造り, 新築 — タグ: , , — @ 5:42 PM

こんにちは、マインです。
私一人でもそうなんだけど、ダンナが休みの日にはうちを建てたい希望エリア内をグルグルとドライブがてら回っている今日この頃です。
今まで新聞のチラシとかもほとんど気にしていなかったんだけど最近は不動産屋さんのチラシとか、ハウスメーカーのチラシとかも気にしてみるようになりました。
あと不動産情報誌とかインターネットでも調べるようになったりして。
そんなある日またダンナの実家へいって今度は土地の話をしてきました。
「だいたいこの辺で土地を探してるんですけど・・・。」と説明を始めると、予想通り反対というか、意見をいただいちゃいました。
A町の土地は遠くないかって。
子供ができたり、何かあった時にすぐにはいけないだとか。
ダンナの実家からは車で約20分。そんなに遠くはないと思うだけどなー。
そんで、進められたのはB町の分譲地。
お義父さんもお義母さんも意外と前向きに土地探しをしてくれているんだなーと感心しました。
でもB町だとダンナの実家から車で10分もない。
あんまり実家に近すぎても私的にはちょっと・・・って思ってしまうのはやっぱり嫁の立場?
まぁなんだかんだで意見のすり合わせをしていきながらすすめていかないと。
あとお義父さんから
「建てた家は20年そこらで価値がなくなってしまうけど、土地だけは財産としての価値がのこるからいい所の土地を探さないと!」と言われました。
実際、そんなことまで考えてなかった・・・。
しっかりと良い土地を探していきたいと思います。
良い土地がみつかると良いなー。

古い投稿 »

Powered by WordPress