新築の家造り

2018年1月30日

ハウスメーカーVS工務店

カテゴリー: 家造り — タグ: — admin @ 2:31 PM

家造りを進めるにはまず依頼する業者を選ばなければなりません。しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在します。それだけに自分達に合った一社を選び出すということは簡単なことではないのです。まずは自分達がハウスメーカー向きなのか工務店向きなのかを見極めることから始めてみるといいと思います。それにはまずそれぞれの特徴を知ることです。

ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃っています。モデルケースを多数持っており、多くのプランの中から選ぶことができます。部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。しかし、商品の規格化のため自由にならないこともありますし、自社商品のみしか売ってくれないということもあります。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになるのです。

工務店の特徴は、大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができることです。ハウスメーカーによってはひとめ見ただけでどこのハウスメーカーのものなのか分かるものも多いですが、自分達のこだわりが活かされたオンリーワン住まいを完成させることができるのです。地域での評判を大事にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いです。最新のデザインや幅広い提案力に欠けるという印象を抱く人も多いのです。まずはそれぞれの特徴を知り、自分達に合った最高の一社を選び家造りの大きな一歩踏み出しましょう。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress