新築の家造り

2016年8月3日

LDKのアクセント

カテゴリー: 家造り — タグ: — admin @ 2:15 PM

最近住宅にニッチが多く取り入れられています。このニッチとは、壁を凹ませ、そこに飾り棚を設けたり、収納スペースを確保したりと壁の厚みを有効利用することを言います。壁の厚みさえも無駄にしない住まいは、デッドスペースがなく満足度の高い家とも言えます。我が家の新居にもできるだけニッチを設けてもらいました。

柱や筋交の影響で設けられる場所やニッチのサイズは限られる場合もあるのですが、私が一番気入っているニッチが、LDKのアクセントにもなっている、リモコンニッチ兼飾り棚のニッチです。我が家で設けたニッチで一番大きさがあります。壁の正面部分いっぱいに広がるニッチを3つに区切り、その真ん中をリモコンニッチとして利用しています。照明スイッチや給湯スイッチ、太陽光モニターやインターホンモニターなどをこのニッチ内に設置しています。壁に取り付けられているより、ニッチ内に収まっていることでスッキリとごちゃごちゃした印象を与えないのです。

また上段と下段部分は飾り棚として利用しているため、生活感を感じさせず、オシャレでインテリア性の高い空間が広がっています。下段には、お気に入りの雑貨を飾り、上段にはルームフレグランスや家族写真を飾っています。LDKに足を踏み入れるとまずここに目を引き、家に遊びに来たお客様からも大好評です。LDKは住まいの中心となる場所です。ニッチ設けてデザイン性を高めるだけでオシャレな雰囲気を演出できます。ニッチを大いに活用してオシャレな空間造りをしてみて下さい。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Powered by WordPress