新築の家造り

2017年10月12日

新書・文庫・単行本の効率良い整理

カテゴリー: 家造り — タグ: — admin @ 3:02 PM

本の整理は、蔵書数だけでなくサイズも把握しないと、蔵書と本棚との相性が合わないということが起こります。本棚に無駄なく収めるには書店のように文庫本・新書をまとめて収納してみてはどうでしょう。

本のサイズに合った段ボール箱を使って、本を整理します。
文庫本:408×150×110ミリ(幅×高さ×奥行き)
新書:408×183×118
B6版:408×192×132
A5版:408×220×152
ダンボールは一番大きいA5版で1つ210円、その他は100円台で売っています。
   http://www.hakoya.com/category/2/
一般的なステンレス製や木製のラックは、奥行き41センチなど、本を収納するための棚ではないので、奥行きが余りますが、前後2列に並べると、奥にある本が隠れてしまいます。この収納用ダンボールは、通常の段ボールよりも丈夫で、サイズの無駄が出ないので収納性が良いです。

ダンボールの置き方の工夫
箱を前後に並べるときは、奥側は通常通り縦に並べますが、手前側は上向きに寝かせて置けば、単行本同士を前後に置いても、奥の本の背表紙が見えます。ただし、奥の本を取り出すときは、手前の箱を移動させる手間がかかります。

箱の横幅が同サイズですので、積み上げることが可能です。例えば背の低い棚の上に、この箱を積んで並べると本の収納が手軽に増設できます。子供部屋やダイニングキッチンのカウンター、出窓の一角、和室の板の間などを利用してみましょう。

あまり読まないけれど、処分せず残しておきたい本も、このダンボールに入れて、押し入れや納戸などに積み上げて保管します。

Powered by WordPress