新築の家造り

2017年6月23日

カップボード

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: — admin @ 5:24 AM

キッチンには欠かすことのできないカップボードを、我が家はスペースに合わせて造り付けました。対面式キッチンを振り返るとキッチンで必要な物が一面に揃っているため調理や片付けがしやすくなりました。床から天井近くにまで広がるカップボードは、収納力抜群です。

全面にすりガラスの引き戸が設けられているためキッチンを使用しない時や来客時には扉を閉めておけば、中に収納している物を全て隠すことができ、食材やキッチン家電などが目に入らないため生活感を感じさせずスッキリとスタイリッシュな空間が広がるのです。キッチンで家事をする場合には扉を開けっぱなしにしておけば、物の出し入れがしやすく家事の効率も高まります。すりガラスの扉なのでキッチンに明るさを通してくれるため狭さや圧迫感を与えることもありません。

扉三枚分に広がるカップボードの扉一枚分は、キッチンパントリーとして利用しています。下部には30㌔のお米の袋がスッポリと収められ、乾物やレトルト食品、お菓子にジューズなどの食材はもちろん、レシピ本などもここに整理できています。隣との扉一枚分は食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所で管理できています。お弁当やタッパーなどもここに整理しています。そして隣の扉一枚分にはキッチン家電を収納しています。炊飯器を設置している部分は引き出せる棚にして利用しやすくしました。ホットプレートやたこ焼き器、ミキサーにフードプロセッサーなど大きさや使用頻度に合わせて上段や下段を利用して整理しています。

キッチンの床に物が置きっぱなしになることもなく、スッキリとしたキッチンは居心地の良さを高めています。カップボードに注目してキッチン造りをしてみるのもいいと思います。

Powered by WordPress