新築の家造り

2015年7月30日

見た目スッキリのキッチン

カテゴリー: 家造り — タグ: , — admin @ 8:17 AM

女性にとってキッチンはとても大事な場所です。新築住宅を建てる際にはこのキッチンを重視するという人も多いことと思います。我が家も新築住宅を建てることとなり、私はキッチンに大変力を入れています。最近キッチンにパントリーを設けるのが主流の形となっています。しかし私はリビングの広さを優先させたことと、一か所で全てが揃うということ、いつでもスッキリとしたキッチンを維持できることこの三点に着目しました。

パントリーは確かにあると大変便利です。非常食品をはじめ、特売で買ったビール一箱も、普段あまり使用しないホットプレートなど小さいものから大きなものまでしっかりと収納しておくことができます。しかしパントリーを充実させることでリビングや他のスペースが狭くなってしまうことに抵抗を感じました。

そこで我が家のキッチンは床から天井まで広がる抜群の収納力を持つカップボードを設けることにしました。ドア三面分の大きなカップボードはパントリーとしても活用できるのです。また炊飯器や電子レンジもこのカップボード内に収納すれば生活感を感じさせないスッキリとしたキッチンとなります。このような家電をはじめ、食器はもちろんのこと、乾物やレトルト食品などパントリーに収納しておくもの収納できるのです。一か所で移動することなく必要な物が手に入るので家事の効率も高まると思います。またこのカップボードにはすりガラスのドアを設け、明るさを維持しながらスッキリとしたキッチンにすることができます。収納しているもの全てをこのすりガラスのドアで隠せるのは魅力的なキッチンです。

2015年7月2日

暮らしの中心LDK

カテゴリー: 家造り — タグ: — admin @ 12:58 PM

家造りをする際一番重視する空間はLDKという人が多いと思います。暮らしの中にキッチンが中心となる間取りを取り入れる人もいますし、ダイニングでは家族みんなで食事をします。リビングでは家族が長時間共に過ごし家族団らんの場です。このLDKにこだわることでより暮らしを快適に、一段と居心地のいい空間となるのです。

例えばキッチンとダイニングと隣に配置します。このようにすることで一日三度の食事の支度がしやすくなるのです。キッチンで調理したものを2,3歩でダイニングに運べるので配膳がしやすくなります。これは家事効率を高められ家事への負担を軽減することにも繋がるのです。また家族にとってもキッチンの存在をより身近に感じるようになり、食後のお皿を下げたりと積極的にお手伝いをする習慣も身に付きやすくなると思います。

ダイニングやリビングに広さや開放感を求める人は多いです。一部を吹き抜けにすることで二階にまで視界が広がり面積以上の広さを実感できるようになります。また二階部分の窓から明るさを採りこむことができるのでスッキリとした空間が広がるのです。
またLDKの一体感を高めるスタイルが人気ではあるのですが、一体感を高めるあまりに空間にメリハリがなくなることもあります。高低差をつけてLDKの一体感を損なうことなく、それぞれの空間をゾーニングするのもいいと思います。LDKに一工夫することで過ごしやすく、居心地のいいLDKとなるのです。吹き抜けや緩やかなゾーニング、間取りで他の住宅と差を付けましょう。

Powered by WordPress