新築の家造り

2015年3月11日

LDKの一体感

カテゴリー: 家造り, 新築 — タグ: — admin @ 9:17 AM

家造りをする人の大半の要望はLDKの一体感を高めるということです。
今まではキッチン・ダイニング・リビングとそれぞれの空間で区切り別々の空間として造られていました。しかし最近では壁や扉でそれぞれの空間を区切らずにオープンなスタイルにしてLDKの一体感を高めた間取りが人気を高めています。

海外の間取りがこのようなスタイルです。
なるべく壁や扉で空間を仕切らず、視界を繋げることで開放感が生まれます。
LDKの一体感を高めるために最近では対面式キッチンのオープンキッチンが一番人気です。

今までは壁付けのキッチンで主婦は家事をする時間は家族と会話もすることなく孤独感を感じていたことと思います。
しかし対面式のオープンキッチンにすることでキッチンで家事をしながらリビングやダイニングにいる家族と顔を見て会話をすることができます。
家族の繋がりを感じることができ、孤独感を感じることもなくなるので家事も楽しみながら行うことができるのです。

またリビングは家族みんなが集まる場所です。
居心地の良さや快適性が求められる空間です。
この空間を閉鎖的にするのではなく、壁や扉を取り除き、またリビングを吹き抜けにしてより開放的な空間にするのもいいと思います。
吹き抜けにすることで面積以上の広さを実感できます。

またLDKの一体感を高めることで子育てのしやすい家にもなります。
キッチンで家事をしながらリビングやダイニングを見渡せれば子どもの様子を確認でき安心して家事ができます。LDKの一体感を高めた家にしたいものです。

Powered by WordPress