新築の家造り

2014年12月7日

動線

カテゴリー: 家造り — タグ: — admin @ 2:06 PM

住宅の間取りを考える際には家事動線と生活動線を考えながら決めるといいと思います。
家事動線を考えることで家事の効率を高めることができ、忙しい主婦が家事を楽しみながらできるようになるのです。
また生活動線を考えることで家族みんなが住みやすく快適に住宅を行き来することができるのです。

家事動線で一番注目なのがキッチンと洗面・脱衣所だと思います。キッチンと洗面・脱衣所を近くに設けておくとキッチンで調理をしながら、洗濯もスムーズに行えます。
キッチンと洗面・脱衣所を横一直線に間取りをすることでよりスムーズに行き来ができます。
日々行う料理と洗濯は同時に行いやすい間取りにしておくと家事効率を高めてくれ、家事の時短にも繋がっていくのです。

生活動線を考えるならば生活の拠点となるリビングからの行き来のしやすさが重要です。
リビングから洗面室や浴室への行き来のしやすさは意外と重要です。
帰宅時トイレに駆け込むことは意外と多くありませんか。
玄関近くにトイレを設けておくと帰宅してスムーズに用を足すことができます。
またちょっとトイレを貸してと友人に言われても玄関近くにトイレがあれば、リビングや他の部屋を見られることなくトイレを案内できるので、部屋が片付いていない日でも安心です。
そしてトイレの横に浴室を設けると、子ども達が外で遊んで汚れて帰って来ても入ってすぐに浴室で汚れを落とせるので便利です。
このように動線を考えながら間取りをすると住み心地や快適性が大きく変わってくると思います。

Powered by WordPress