新築の家造り

2011年2月23日

地鎮祭を行いました。

カテゴリー: 土地, 新築 — タグ: , — admin @ 6:27 PM

年末から年始にかけて住宅の新築に使われる断熱材の不足が影響してため家造りの話がストップしていたわけですが、
遅れてはいても少しずつ断熱材の納入が動き出したとのことを営業担当さんから連絡を受けました。
年末年始ほど酷くはないとしても途中ストップしてしまうこともないわけでないという前置きはありましたが地鎮祭と着工式を行うということになりました。
今までの大分での土地探し、間取りなどのプラン決め、本契約も家作りの必要な事柄ですがこれから家を建てていくという本当の意味での家作りが進んでいくと思うと期待や不安が入り混じる複雑な気分でもあります。
でも新築でマイホームを建てることは心から願っていた事なので嬉しい気持には変わりはありません!
数日前に土地の神様にお参りをする地鎮祭を行いました。
実は地鎮祭の前日は夜からパラパラと雨が降っていいて心配だったのですが、
新築の現場を担当する現場監督さんが晴れ男ということで営業さんからは大丈夫と言われていましたが本当に快晴でした。
神社の宮司さんが神様を呼び、お酒や野菜、海産物、尾頭付きの鯛などのお供え物をしてこの土地に新築の住宅を建てることを許可してもらうことと工事中の安全祈願、この先ずっとの家内安全をお願いする儀式でした。
担当の営業さんから地鎮祭の流れや行動などを説明してもらっていたんですが、
一度では頭に入るわけもなく緊張しっぱなしであまり覚えてなかったりするんですが(汗)
とりあえずこれで一段落と。

Powered by WordPress