新築の家造り

2012年12月5日

住宅の構造を考える

カテゴリー: ハウスメーカー, 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 7:09 PM

震災後、新築を大分で建てる場合、耐震構造も含めた住宅の構造はどのようにすると一番安心なのだろうかと考えるようになりました。

いかに安く建てることができるかと考え、自分で住宅設備機器やサッシの価格を調べて、施主支給で建てるなども考えた時期もありました。

しかし、素人考えよりもしっかりとした設計された家造りを考えなければいけないのではないかと思うようになりました。

とは言っても、地震に強ければいいというだけではなく、デザイン的にも満足できる住まいを手に入れたいところです。

大きな梁があって、木の香りがするような木造住宅にあこがれますが、単に木造住宅と言っても、柱・梁・土台を木の軸組で壁や屋根などの荷重を受ける木造軸組工法と、木質の耐力壁で全荷重を支える木質耐力壁工法(2×4工法など)があり、それぞれ耐震制度を上げる工夫がされています。

また、木材は加工しやすいので、自由度の高い間取りやデザインにも対応できるというのは魅力的です。

柱や梁などの主要構造部分に鋼材を用いる鉄骨造の家はどうなのでしょうか・・。

鋼材は強度が大きく、品質が安定しているので構造材料としてはよさそうです。

火熱と錆に弱いので、防錆処理や耐火被覆を適切に行わなければなりません。

圧縮力に強いコンクリートと引張力に強い鉄筋を組み合わせた鉄筋コンクリート造は、耐震性、耐火性、耐久性に優れ、自由度の高い設計にも適しています。

しかし、材料であるコンクリートの強度が建物自体の強度を左右するので、しっかりとした施工管理が必要になりそうです。

それぞれの工法にはメリットとデメリット、もちろんコスト面での違いがあるようです。

依頼する住宅メーカーや、建築設計事務所、工務店によって対応する工法が決まっている場合もあるので、構造や工法の特徴も十分検討して、適切な選択をすることが必要ですね。

2010年12月23日

スローダウン

カテゴリー: ハウスメーカー, 家造り, 新築 — タグ: , , — admin @ 10:06 PM

先日、家造りを依頼している大分の工務店の営業さんから電話があって「お伝えしたい事があるから打ち合わせの時間を取ってほしい。」と言われました。
珍しくシビアな声だったのですっごい嫌な予感がしました。
お義父さんとお義母さんのマンションの話を乗り越え、
住宅ローンの減額という荒波も乗り越え、
難航した土地探しもようやく見つけてここまで来たのに
また何の試練が私達を待ち構えているのだろうかと。

で、打ち合わせのために旦那の休みの今日、工務店を訪れたのですがお話はこうでした。
現在、住宅エコポイントの駆け込み需要で断熱材に必要なグラスウールが不足していると。
特に私達が建てようとしている長期優良住宅では使用量が多いため建設に困っていると。
どうやらこの状況は2カ月先ぐらいまで続くそうで私達の家造りにもかなり影響を及ぼすとのことでした。
営業さんはすっごく謝っていましたが、謝られている私達としてはそんなに謝られても・・・という感じでした。
これは社会経済的な動きなので別に住宅メーカーや営業担当さんがチョンボしたわけでもないのだから仕方のないことだと思います。
話を聞くと建設期間が延びることでかなりご立腹のお客様もいるみたいなので謝れる所は先に謝っておこうということらしいのです。
別に家が立たなくなったわけでもないし、しっかりやってくれるなら私達は良いんです。
北海道の北見で賃貸アパートから新築を建てて引っ越しを考えている友人も、これからの家づくりは大変そうだと感想を述べていました。
ということで少しばかり家造りスローダウンという話です。

2010年5月14日

土地と建物

カテゴリー: ハウスメーカー, 土地, 家造り — タグ: , , — @ 8:53 PM

土地の選択に悩んでいたマインです。
新築を大分で建てようと思っているのですが、住宅と不動産がこんなにむずかしいとは・・・。いろいろとダンナとダンナの両親の家族内で土地について話してみたんですが、土地を持っている地元の工務店に頼んでみるしかないだろということに。
その地元工務店に家も土地もすべてお願いするんだからいくらかは値引きしてくれるんやろうと少々甘い考えでお願いしてみるわけです。
前回話してた奥側の土地は住宅に囲まれている土地より10坪ぐらい広くて坪単価は同じに設定されているんだけど、価格がその分高いということでした。
その土地を購入したらその工務店で建てないといけないっていう建築条件は付いていなかったんですが、その工務店に頼むんだからもう少し価格がなんとかならないかなーって相談してみたんですが担当の方は非常に悩んでいるようでした。
土地は土地、建物は建物っていう会社内のせめぎ合いがあるみたい。
結果としてこちらが望んだほどではないけど土地代金は安くしてもらえることになりました!
まだ完全に契約と言う所まで行っていませんが。
それと建物の契約とプランの流れの中で総額的な値引きも考えてくれるそうです!
ラッキーです!
それから話はトントンと進み、ある程度こういう間取りがイイ的な話をして簡単な図面の提案までしてもらいました。
その図面では無理なくある程度の設備もつけられるようで、
無理に後付けのオプションさえ頼まなければなんとか予算ギリギリのところでこの工務店さんなら夢のマイホーム建設までいけそうな感じです。

2010年4月17日

展示場

カテゴリー: ハウスメーカー, 土地, 新築 — タグ: , , — @ 8:14 PM

分譲地内で土地を持っている地元工務店にするか、価格が高くてもブランド力を信じ大手ハウスメーカーに依頼するか土地は単独で不動産屋に探してもらうか迷っているマインです。
とにかく目で見てみないと分からない!
ということで、実際に地元工務店のモデルハウスに行ってきました。
前々から友人や家を建てた人からは
「展示場やモデルハウスは特別な造りの空間だからその雰囲気にのみ込まれないように!」
と言われていたのでやや慎重に、ダンナとみてきました。
大分の住宅メーカーも。
建物の空間よりも素材とか材質だとか仕上げとかに気を配って見てきましたが、スゴく良い感じでした。
あれ?やっぱのみ込まれてるのかな?
でも家づくりが近づいてきたというかリアルに思えるようになってきました。
大手ハウスメーカーじゃなくても全然大丈夫そう。

あと問題は土地ですね。
地元工務店が分譲地内で3か所ほど土地を持っているわけだけど、1か所はちょっとアウトオブ眼中。
残りの2か所のうち1つはもう既に他のお家が建っていて家を建てるにしても囲まれている状態。
あともう1つは一番奥側で今の所裏側と隣は畑。畑では青々と健康そうな野菜が作られていました。
お隣さんと道を挟んで前にお家が建っているだけ。
ゆくゆくは裏側と隣の畑にも家が建つかもしれないですけどねー。
今のところ希望としては一番奥側の土地。
価格は周りのお家に囲まれている土地に方が安くなってはいるんだけど。
まぁ安い土地の方を買えば予算の総額を押さえることもできるし、浮いた分を家を建てる方にお金がかけられるとのことできるわけだし・・・。
不動産って、むずかしい…。
どっちにするかホントに悩むわー。

Powered by WordPress