新築の家造り

2016年12月7日

自然災害から家を守ろう

カテゴリー: リフォーム, 家造り — タグ: — admin @ 2:20 PM

住まいのリフォームを考える時、基本的には、住まいの寿命を延ばし、住み続けていくために、メンテナンスをすることが優先されます。屋根、外壁、土台などの構造が劣化を点検し、補修していかないと、住まいはどんどんだめになっていきます。それだけでなく、東日本大震災や強烈な台風などの自然災害が多発しています。それらの自然災害から住まいを守るためのリフォームというのも考えられるようになりました。

住まいというのは、本来、家族の幸せと安全を守る目的があります。日常生活では、そんなに考えないことでも、地震や強烈な台風などの自然災害時には、より一層感じられます。地震に襲われた時、住まいが半壊したり、倒壊したりしたら、家族が住む場所を失うことになります。それだけでなく、家族や家財を守ってくれるはずの住まいの中で、家具などは倒れ、家族は怪我をしたり、亡くなったりと、大きな危険にさらされてしまいます。

また、地球の温暖化により、今までよりも強烈な台風がやってくるようになりました。台風の季節ではなくとも、猛烈な爆弾低気圧が来ることもあります。
現在の日本は、以前よりもより大きな自然災害の脅威にさらされています。地震に対しては、耐震や制振のことを考えて、リフォームしておくことも大切ですし、収納についてのリフォームを考えていくことで、怪我を防ぐことができます。また、想像を超える猛烈な風や飛来物に対して、窓を守るために、雨戸やシャッターを取り付けておくことも有効です。

屋根の素材についても、重いものであると、地震の時、どうしても、大きな影響を受けてしまいますし、暴風に対しても、飛ばされた時、怪我をしたり、住まいの中が被害を受けたりします。脅威を増す自然災害から、住まいを守るためにリフォームを考えていくことも大切なことです。

2014年7月16日

リラックスできる浴室

カテゴリー: お風呂, リフォーム — タグ: — admin @ 9:22 AM

少し前実家の浴室をリフォームしました。リフォームしたことで寒い冬でもお風呂に入るのが面倒に感じなくなったこと、ゆったり足を伸ばせて入浴できること、暖かさや快適性は高まっただけでなく省エネで家計に優しいことを考えるとこのリフォームは大成功と感じています。

私はよく子ども達を連れて実家に帰るのでよくお風呂も使用します。リフォーム後は子ども達も入浴時間を楽しみにしていて、以前は嫌がっていたお風呂も自ら積極的に入るようになったほどです。このことを踏まえ新築住宅を建てる際には高い快適性を得ながらもエコで省エネで経済的な浴室を目指そうと思っています。

浴室の断熱性の高さ、面倒なお掃除の手間が省けること、浴室暖房乾燥機と浴室は最高の快適空間へと進化してきました。シャワーにしても水勢を保ちながらも流出量を抑えてくれる節水シャワー。お風呂で使用する水の量は結構な量です。シャワーがこの節水シャワーになるだけでも水道代に大きく影響してくると思います。手元に止水スイッチもついているので使わない時は簡単に止めることができるのでこれも節水に繋がります。

浴室で気になるのがカビの繁殖です。ナノイー暖房換気乾燥機を設けることで浮遊するカビを抑えてくれ、自動換気、乾燥機能でカビが繁殖しにくい環境へと保ってくれるのです。雨の日、洗濯物を浴室で干すこともあると思います。衣類の乾燥時にもこのナノイーがあると嫌な臭いを減らしてくれるので嬉しいですね。浴槽のサイズも浴室の快適性に関わってきます。家族みんなで入ることのある我が家では浴槽サイズは要検討し、満足できるものを選びたいと思います。

Powered by WordPress